新着記事 長野市 整体ブログ

長野市 肩の痛みと関係が深い、腱板疎部とは

腱板疎部とは

肩関節の前面にあり、棘上筋腱と肩甲下筋腱のすきま部分が腱板疎部(けんばんそぶ)です。

 

この部分は、関節包(関節をつつんでいる袋)と靭帯がありますが、筋肉で覆われていません。そのため、肩のウィークポイントになりやすい場所です。

 

野球などのオーバースロー動作などにおいて、回旋筋腱板の働きがおちてくることで肩の動きが不安定になると、腱板疎部に負荷がかかりやすくなり痛みとして発症する確率が高くなります。

 

また、一般に五十肩、四十肩と呼ばれる肩関節周囲炎においても、腱板疎部の癒着や炎症が問題になることが多く、夜間痛や安静時の痛みの原因にも上げられます。

腱板疎部に炎症や癒着がみられると、肩の外旋運動(上腕骨を外側に回す動き)に制限が現れ、痛みも伴います。(もちろん肩は痛みで動かし辛くなります)

 

このような時には、回旋筋腱板の働きをとり戻しながら、腱板疎部への負担を少なくするようなアプローチが必要になります。

 

肩前部に違和感や動かしづらさ、ひっかかりなどを感じたら、早めに対処した方が痛みへの階段を登らせないという、予防効果があるので何かおかしいと感じたら早期ケアがおすすめです。

 

 

 

長野市 篠ノ井の整体 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.