長野市 膝の痛み【タナ障害(たなしょうがい)】

長野市 膝の痛み~タナ障害(たなしょうがい)

膝の痛みの原因の一つにタナ障害(たなしょうがい)と呼ばれるものがあります。

 

タナとは、膝関節を構成している大腿骨と膝蓋骨(膝の皿)の間にある滑膜ひだのことをいいます。この滑膜ひだが、膝の屈伸の繰り返しや外部からの衝撃などによって炎症が起きて、膝の痛みや引っ掛かりなどの障害が起こることをタナ障害と言います。

 

滑膜ひだは、膝関節の中にあり関節内の空間を仕切っているものです。この滑膜ひだが棚のように見えることからタナと言われ、この部分が炎症を起こして痛みや機能に障害がおきている状態をタナ障害と呼ばれています。

 

この滑膜ひだは、胎生期に作られ約半数の人は、成長しても滑膜ひだが残っていると言われています。また、形状も人それぞれで、炎症が出やすかったり、出にくかったり、個人差があります。

 

主な症状としては、膝の内側の痛みや、タナ部分を押したときに痛みが出る、膝の曲げ伸ばしの際にポキポキ音がするなどがあります。

 

改善方法は?

このタナ部分の炎症症状を抑えることが重要になりますので、スポーツをされている方でしたら、運動前と運動後の膝周囲のストレッチを入念に行います。

ストレッチで痛みが出る場合は無理をしないでください。

 

運動後のアイシングなどをこまめに行い炎症の広がりを予防することが大切です。運動中や安静時にも痛みが強い場合は、運動を制限または中止しての治療が必要になる場合があります。

 

スポーツをされていない方でしたら、膝周りのストレッチを痛みのない範囲でこまめに行ったり、動いた後に痛みが強くなる場合は、アイシングを行います。

 

早期改善には、痛みがひどくなる前の対処が大切です。

 

これまで。

 

長野市篠ノ井の整体 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」へお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.