新着記事 長野市 整体ブログ

長野市 フォースカップル作用とは

フォースカップルの働き

フォースカップルとは、力の対という意味です。

 

人体におけるフォースカップル作用とは、2つ以上の筋が同時に反対方向の力を生む時の作用のこと。

 

例えば、気を付けの姿勢から腕を外側から頭方へ上げていく動き(外転)では、肩甲骨が左に回転するような動き(上方回旋)が起こります。

 

この時に、僧帽筋上部(UT)・僧帽筋下部(LT)と前鋸筋(SA)は、フォースカップル作用により、左に回転するような動き(上方回旋)をすることができます。

出典:筋骨格系のキネシオロジー

 

 

また、骨盤の後傾といって骨盤が後方へ傾く際には、大殿筋・ハムストリングスと腹直筋のフォースカップル作用がみられます。

 

フォースカップルは、顎や腕など色々な場所で作用しています。

 

体がスムーズに動く、痛みや摩擦なく動くためには、フォースカップルの働きが欠かせません。

 

 

 

長野市 篠ノ井の整体 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.