長野市 見える腰痛、見えない腰痛

長野市 見える腰痛、見えない腰痛とは

腰痛の約85%は原因不明と言われています。

急に腰が痛くなった、腰痛が長期化してなんとかしたいなどのお悩みはありませんか。

 

見える腰痛とは、

レントゲン検査やMRI検査で狭窄があったり、変形や骨棘(骨のトゲ)があったり、椎間板などに異常が見られ痛みの原因と思われるものがはっきりしている腰痛です。

 

見えない腰痛とは、

レントゲンやMRI検査などしても特に骨や関節、椎間板、筋肉などには異常が見られない,、だけど腰に痛みがあるという状態です。
いわゆる原因がわからない腰痛です。

 

 

なぜ調べても原因がわからないの?

腰痛で受診し、レントゲン検査やMRI検査など行っても異常がないために、原因を特定できていないこともあります。

 

それは、なぜか。

動きや体の支え方の確認ができないからです。

現在の保健医療では仕方のないことでもありますが。

特に整形外科などでの外来診療では、一人一人にかける診療時間が限られていることもあり、問診とレントゲンで特に問題が無ければ湿布や痛み止めの薬で経過を見ることになります。

確かに、湿布や痛み止めでは薬の効いている間は痛みがおさまります。

しかし、根本の見直しが無ければ腰痛を引きずったり、再度ぎっくり腰などを繰り返すことになります。

 

それではどうしたらいいのか

腰痛やスポーツなどの専門院へ相談しよう

今では、スポーツ整形外科やスポーツに特化した整骨院、整体院などが増えていて、レントゲン検査などの画像で問題は無いけどしっかり体をみてくれて、どのタイミングや動きで痛みが強くなるのかなどを見極めてリハビリしてくれるところもありますが、現状それほど多くはありません。

 

 

レントゲンやMRI検査では特に異常がない、内臓も大丈夫。しかし、腰痛が治らないと悩んでいたら、

腰痛の原因、動きをしっかり診てくれるところに行く

整体院や整骨院も腰痛改善のための選択肢にあげられます。

 

整骨院や整体院ではレントゲンなどの検査ができないので筋肉や骨、関節を動かしたり、自家に触って確認する必要があります。

 

痛みの状態、関節の動き、筋肉のつき方や使われ方、からだの柔軟性、そして腰痛では重要度が高い骨盤の歪み、特に仙腸関節の問題や、背骨の動き、歪みなどを判断して調整を行います。

 

筋肉のバランスや背骨、骨盤の歪みなどは、レントゲンなどでは判断が出来ず、施術者の手で直接調べることが必要になります。

 

普段から何人もの施術をされているので、直接確かめる手の感覚の精度はあがってきます。

 

もちろん、調べた結果自院で対処できないと判断した場合には、病院への通院をすすめられると思います。

 

注意
見えない腰痛で気を付けることは、内臓などからの関連痛が原因の場合です。
腫瘍性や消化器系、循環器系などの病気が影に隠れている場合には、腰に問題が見られることがなくても内臓からの反射で筋肉を硬くしたり(筋性防御)関連痛として腰痛や腰の重だるさがでる場合があります。
あまり遭遇することは少ないことですが、頭の隅にでもいれておいてください。

 

 

では、実際にどんなことをやるのでしょうか?

この先、ちょっと専門的なお話になりますので、興味があったら読んでみてください。

整体院ではどんな方法で腰痛を調べるの?

当整体院の例で簡単に解説します。

腰痛の検査方法は大きく2つ

・スタティックパルペーション(静的触診)
・モーションパルペーション(動的触診)

パルペーションとは触診という意味があり、静的に止まっている時と動的に動かした時、動いてもらった時のバランスやゆがみなどを確認する方法です。

 

スタティック・パルペーション(静的触診)とは

体がリラックスした自然な状態で、背骨や骨盤、筋肉のつきかたなどを調べます。
体がリラックスした状態で、背骨のラインや骨盤の傾き、全体的なバランスをみていきます。

 

モーション・パルペーション(動的触診)とは

関節の動く範囲や筋肉の柔軟性などをチェックする方法です。
とくに背骨や骨盤、仙腸関節にはわずかな動きの制限が痛みや動き辛さにつながることごあります。こうした、関節の不具合を直接確かめることにより、痛みが出ている原因を探して、施術を行います。

 

簡単に説明すると、
スタティックパルペーションは、見た目をチェックする方法で、
モーションパルペーションは、体の動きや関節の動きをチェックする方法です。

 

ちょっと難しいと思いますが、

日常で例えると、
ドアが動かないなどの問題が発生したら、まず原因になりそうなレールなどの外観に破損やつまりなどがないか確認して、次に動かしてみて滑りが悪いのかなにか引っかかっていないかなど動きを見ますよね。

このようなイメージで外観と実際に動かしてみた不具合を調べます。

 

ただ、体の場合は少し複雑になるだけです。

 

このように検査してみて、痛みの原因がわかったら問題になっている部分の施術と合わせて予防もしていきます。

 

細かい関節の動き、全体的なバランスと両方を診ることでなぜ腰に負担がかかっているのか、痛みの根源は何なのかを調べることができます。

 

腰痛になりえる原因がわかると回復も早いです。

 

腰痛の回復プラス痛みが再発しにくい体づくりをしていくだけです。

 

まとめ

レントゲンなどの画像検査で原因がわからなくても動きかたや支え方などのバランスを調べることで腰痛を快方へ導くことができるのです。

このようなことから、痛みが長引く腰痛や急に腰に痛みが出たけど原因がわからないで困っている、と言うときには整体院も選択肢に入るのではないでしょうか。

それぞれの整体院によって得意分野があり、特化した施術をしているところもありますので、腰痛でお困りでしたら、ご自身のお悩みに応じた整体院を選ぶことが早期回復への近道につながります。

スポーツに特化した治療院や筋膜の歪み、内臓反射なども治療に取り入れていることもあります。

そして、精神的な腰痛に対しては、自律神経の調整が必要になる場合もありますので、近くにこのような院があるか調べてみるといいですね。

 

 

今回はここまでで。

 

長野市 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」へお任せ下さい。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.