整体を受けることは【自分の体と向き合うということ】

何のために整体院に行きますか?

もちろん腰の痛みをなんとかしたい、肩こりが楽になりたい、運動パフォーマンスを上げたい、思うところは人それぞれ悩みによって異なるのは当然のことです。

しかし、共通して言えることがあります。

 

それは、「自分の体への気づき」です。

 

おそらく、痛みや辛さなどなんらかの体の悩みがなければ整体を受けようなんて考えません。

体の悩みを解決するには、まず自分の体がどういう状態かを知る必要があります。

 

今では、YoutubeやSNSなどでたくさんの情報を得ることができるので、この方法は、みんなが体にいいと言ってるからやってみよう・・・しかし、自分には効果がなかったなどということはよく聞く話です。

 

当院へ来院される方の中にも、Youtubeで見てストレッチしてるけどどこに効いてるのかわからない、ここを押せば痛みが楽になるっていってたけどあまり効果が感じない、などと言われるひともちらほら。

 

それは、なぜか?

 

自分の体に気づいていないことが理由の一つです。

 

体のことを勉強した人や、自分の体と向き合いイメージが持てているとストレッチの効かせ方がわかったり、セルフメンテナンスが上手だったりします。

では、感覚を養うにはどうしたらいいのでしょうか?

 

整体を受けることで自分の体に気づく

痛みがあって来院された場合には、なんとなくこの辺が痛い(腰全体や肩甲骨の周り)という感じから、ここが痛むという感じで、エリア的な痛みからポイントで痛む場所が変わってきます。

 

ぼやけた感じの痛みから、ピントがあった痛みへ変化するような感じです。

 

そうすることで、原因となっている動きの悪い関節や筋肉の硬さが表面にでてきて、自分でも「ここの動きが悪い」「ここが硬い」というふうに感じることができるようになります。

 

結果、ストレッチをするときにには、効かせる場所がわかりやすくなり、セルフメンテナンスもやりやすくなるわけです。

 

ストレッチが効いた感じがしないのは、どこを伸ばしているかわからなかったり、全体的に体が硬すぎて、ストレッチ感がわからないといったケースが多くあります。

 

整体を受けることで体が動きやすくなる

整体を受けることのメリットとして、体が動きやすくなることがあげられます。

動きやすい体の中で、どこか一部分にブレーキがかかると、違和感を覚えます。

 

この、違和感を感じることがポイントになり、痛みにつながる前に予防できることが多くなります。

スポーツ選手は、怪我の予防やパフォーマンス向上のためにも特に身につけておきたい感覚です。

 

自分の体にもしっかり意識が向けられることで、ちょっとした不調や違和感を察知して、改善しようという思考回路が働きやすくなるのです。

 

なぜ、整体に行くのか?どんな人が整体を受けるのか?
もし腰痛や肩こり、スポーツでの痛みなどお体のことで悩んでいたら、来院前に相談して整体を受けてみるのもいいと思います。

 

今回はここまで。

 

 

長野市篠ノ井の整体 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.