長野市 ストレートネック

パソコンやスマホの普及にともない、増えている症状の一つに、ストレートネックがあります。

あなたも知らず知らずの間に、ストレートネックへの道を進んでいる可能性もあるので、原因や予防方法などを知り、早めに対処できるようにするこがおすすめです。

 

【ストレートネックとは?】

ストレートネックとは、頚椎の生理的前湾角度が30度以下の首の状態を言います。

 

もっと分かりやすく説明すると・・・

正常な方の場合、首の前湾角度は、30度から40度前後。

首は、まっすぐではなく、やや前にカーブしているのが正常で、

このカーブによって、首にかかる衝撃を緩やかに受け止める事ができるのです。

 

しかし、肩こりや首の痛み、頭痛等の不快な症状を抱えている方のほとんどが、この角度が少なく、ほぼまっすぐな状態になりつつあるといわれています。

 

それにより、首にかかる衝撃などを緩やかに受け止められず、さらには、筋肉がガチガチになり、血液の流れが悪化し、疲労物質も溜め込みやすいという最悪のサイクルに陥ってしまう可能性もあります。

 

ストレートネックに対して、整形外科では一般的に、

・首の牽引

首の骨と骨の間にある椎間を広げたり、凝り固まった筋肉を柔らかくして、血行を促進することで、痛みを取り除く。

・マッサージ

電気や手技を使い、首周辺の筋肉をほぐし、血行を促進。

・お薬

痛みを一時的に取り除くためのお薬、その他筋肉を柔らかくする目的もある

 

ストレートネックに対して整体では、

手技をメインとした施術を実施し、身体全体の歪みを整えながら、柔軟性と関節の動きを回復して姿勢の見直しを行います。

また血行を促進し、身体本来の機能を取り戻すことができるので、ストレートネックだけでなく、体調不良全般に効果的です。

 

【ストレートネックの原因は?】

・不良姿勢

近年、特に増えているのが、スマホやPCなどを操作する際の姿勢。

首を前に下げ、背中を丸めた姿勢を長い何時間も取り続けると、首にかなりの負担がかかります。

さらに、肩や背中、腰といった部分にも影響が及び、上半身を中心としたコリや痛みが出現します。

特に、前かがみの姿勢は、肩にかかる負担は、通常の8倍から9倍以上といわれていますので、正しい姿勢を意識するようにしましょう。

長時間前かがみの姿勢になってしまう場合でも、1時間に1回の休憩で、背伸びや肩甲骨を動かす体操などで、身体全体の筋肉をほぐしたりするなどの工夫が必要です。

 

・加齢、老化

加齢とともに首だけでなく、あらゆる箇所の骨、腱、などの支えが弱くなってきます。

中でも、骨と骨の間にあって、クッションの役割りを担う椎間板が加齢に伴い薄くなると首をしっかりと支える事ができず、痛み等が発生しやすくなります。

適度なエクササイズが望まれます。

 

【ストレートネックの改善、予防方法】

スマホやPC、その他あらゆる事情で、前かがみの姿勢が多くなってしまう方は、定期的に肩や首周辺の筋肉のこりをほぐしたり、姿勢を正しくする体操を取り入れることがおすすめです。

 

中でも、肋骨を広げる運動は、猫背や不良姿勢を正しい位置に戻すのに最適。

両手を背中に回し、ギュッとにぎります。

そのまま腕を持ち上げると同時に、顎を上に突き出しながら、頭頂部を背中につけるイメージでグーッと曲げます。

このとき、ろっ骨が広がるように意識するのがポイント。

5秒キープしたら元の位置に戻し、繰り返し10回行なってください。

この体操は、椅子に座ったままでも立った状態でも出来るので、仕事や家事の合間に取り入れるといいですよ。

 

 

長野市篠ノ井の整体 肩や首のお悩みは、コンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.