長野市 整体院と整骨院の違いってなんですか?

今回は、よく聞かれることがある【整体院と整骨院(接骨院)の違い】について解説していきます。

ちなみに、整骨院と接骨院は名前が少し違うだけで業務内容は同じです。

 

整体院と整骨院って同じじゃないの?と思われている人もいるかもしれませんが、施術対象になる患者さんは全く違いますので、この機会に覚えておいてくださいね。

 

整体院と整骨院(接骨院)の違いはなに?

明らかな違いは、「施術対象が違う」と言うことです。

それは、どういうこと?

 

整骨院(接骨院)では、健康保険を利用して施術を受けることができます。

しかし、整骨院で健康保険を利用して施術を受けられる対象範囲は急性、または亜急性の運動器の怪我で、原因があるものが対象になります。

これに対して、

整体は、肩こり、腰痛、膝痛、不定愁訴、自律神経系のお悩みなど比較的長期化したものや、原因がはっきりしない症状などにも対応していることが多いです。

 

それぞれの整体院で「得意とする分野がある」または、総合的にみている整体院もあり様々です。

体は全体のバランスを保つことで、身体という一つの個体を保っているわけなので、整体ではよりホリスティックに考えて施術にあたります。

 

整骨院や整体院の施術適用範囲を大まかにいうと

・整骨院では:捻挫、打撲、筋挫傷、骨折、脱臼などの怪我が施術対象(骨折・脱臼は医師の同意が必要)
整骨院では、肩こりや慢性腰痛などの施術に対しては健康保険を使用して施術を受けることができません。

つまり、痛みの原因がハッキリしないもの、長期的な痛み、コリや疲労などに対しては、健康保険を使って施術を受けることができません。

 

・整体院では:肩こり、腰痛、スポーツ整体、リラクゼーション、自律神経系の問題、骨盤や仙骨矯正、産後骨盤矯正など様々なものが施術対象になる。
整体は、自費の施術になるため幅広い症状に対して施術を受けられることになります。

 

ハリやお灸、按摩などは、整体と施術対象が近いところがあります。

 

ここまで読んでいただくと整体院と整骨院(接骨院)のだいたいの違いがわかってきたでしょうか。

 

それでは次に具体例をだして、

私は整体院と整骨院どっちを選んだらいいの?

こんなお悩みを持っている人のために、どんなところで診てもらったらいいか参考例を交えて解説していきますね。

・自宅で階段を踏み外して足を捻ってしまった

これは、急性の怪我なので整骨院になります。

よほど強く捻ってしまい骨折が心配な時には、整形外科などの病院がいいですね。

 

・朝起きて不意に首を捻ったら痛みで首が回らない

整骨院や整体院、どちらの選択肢もあります。

整体院へ行く場合は対応症状かどうか確認することが大事です。

 

・家の片付けで重い段ボール箱を持ち上げたら腰に痛みがでた

こちらは、ぎっくり腰のようなものでどちらでも大丈夫です。

整骨院では保険適用で施術が受けられます。

整体院を選ぶ場合は、腰痛に特化したところがおすすめです。

 

・肩こり、慢性腰痛

慢性的な辛さなどは、整体院の得意とするところです。

 

・野球でボールを投げたら肩が痛くなってしまった

痛めてすぐの時(急性期)は整骨院がいいですね。

初期処置をしっかりやってもらい、電流療法や超音波治療を受けた方が回復が早い傾向にあります。

 

急性期(痛めてすぐ)の怪我は、初期処置をどうするかが回復の早い、遅いのカギを握ります。

 

・スポーツで1回の動作で痛みが出たわけじゃないけど、練習を繰り返すと痛みがでる

いわゆるスポーツ障害です。

どちらでも大丈夫ですが、整体院の場合はスポーツ整体やスポーツ障害に特化したところを選ぶことがおすすめです。

 

炎症が強い時には整骨院、痛みの元から回復を望むのでしたらスポーツ障害に特化した整体院がいいです。

 

・長期的に膝が痛くて整形外科で診てもらってるけど変化がない、だけど痛みを良くしたい

膝の施術を得意としているところ、いわゆる運動器に強いような整体院がお勧めです(スポーツ整体などもありです)

 

 

ここまで、例を上げながらお話ししてきましたが、

最近は、整骨院でも保険以外の施術(自費負担での施術など)を取り入れていることも多いので、一概にこの症状は整骨院で、これだったら整体院と振り分けが難しいところもあります。

 

しかし、自分の症状が保険対象かそうでないかの判断にはなると思います。

 

整骨院の先生は、骨や筋肉、関節などのいわゆる運動器に強いので、整骨院で自費施術に取りくまれているところも視野にいれてもいいと思います。

 

通院前にちょっと覚えておいてほしい事は、

「整体院=民間資格」は勘違い

時々、整体院と整骨院の違いはなんですか?という答えに

・整体院は、民間資格者の施術
・整骨院(接骨院)は、国家資格者(柔道整復師)の施術

と回答しているものが見受けられます。

確かに、整骨院・接骨院は柔道整復師という国家資格をもっていないと施術できませんので、整骨院の施術者は、国家資格保持者であることは間違いありません。

 

しかし、

整体院の方はというと、全てが民間資格者というわけではありません。整体院においても理学療法士や柔道整復師、ハリ灸師のひとがやっている場合もあるということです。

 

そして、民間資格の先生でも、ものすごく高いレベルの先生がたくさんいらっしゃいます。

 

現在のあなたのお悩みを解決するためには、

保険施樹tだけでいいのか、自費負担をしても体をよくしたいのか、保険適用範囲なども考慮したうえで自分の通うところを見つける必要があります。

 

保険の範囲内で施術してほしい、怪我の治療をしたいというのであれば、整形外科や整骨院の通院になりますし、

自費施術でも自分の体を良くしたい、痛みなく動ける体づくりをしたいと、根本からの改善をお望みでしたら、整体院が選択肢にあげられると思います。

 

さいごに、

整体院と整骨院の違いをまとめると、

整骨院では、ここ最近で起きた原因のある怪我に対して健康保険を適用して施術が受けられる。
しかし、自費負担により慢性症状にも対応しているところも増えている。

 

整体院は完全自費施術になり、慢性症状や自律神経、不定愁訴など自分では原因がわからないものに対しての施術も受けられる。
ただし、それぞれの整体院で得意としてることが違うので来院前に確認してからの方がよい。

ということになります。

 

 

今回はここまで。

 

 

長野市 肩のお悩み、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

 

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.