長野市 腰痛の悩みは仙腸関節で解決する?

2020年10月21日

長野市 腰痛の悩みは仙腸関節で解決する?

今回は、腰痛の原因は仙腸関節にあるかも、というお話です。

 

スポーツをされている方はもちろん一般の方まで、仙腸関節が原因で腰痛になることは大いに考えられます。

 

この仙腸関節という関節は意外と知られていませんが、この部分の動作不良やアライメント不良(骨の配列がずれている)などで腰背部や臀部に痛みが出現することがあります。

 

それでは、

仙腸関節はどこにあるのかというと、

骨盤に存在します。

 

その名前の通り仙骨と腸骨で関節を構成している部分です。

 

仙腸関節は、一昔前は動かない関節ということで認識されていましたが現在は可動性があると言うことが一般的に知れわたってきました(ほんの数ミリの可動性ですが)。現にお医者さんでもこの関節を腰痛や頚背部痛などの治療法として使っていらっしゃいます。手術をしないで徒手での治療方法では、AKA博田法という治療法が有名です。

 

また、カイロプラクティックやオステオパシーでもこの仙腸関節にアプローチする技法は以前から存在し、この部分の調整を大切にしています。

 

では、

なぜ仙腸関節に問題があると腰痛になるのでしょうか?

骨盤というのは、立位歩行を日常とする人間では体重を支えて安定性を確保するうえではもっとも大切な部分になります。

 

仙骨という三角形の骨からは、腰の骨(腰椎)や骨盤を支えるために仙腸関節をまたいで筋肉や腱、靭帯が付着していて、仙腸関節に力学的なストレスがかかり続けることで炎症が生じて痛みとして感じるようになります。

 

また仙骨は背骨とつながっていて、仙腸関節や腰仙関節(背骨と仙骨をつなぐ関節)のアライメント不良(骨の位置のずれ)などにより仙骨の位置が変わってくると腰部痛や臀部痛、背骨のつながりである首周囲や背部にも影響が出てきます。

 

中心がしっかり整っていると無理な負担がかかりにくく痛みが出にくいということです。

 

仙腸関節に原因が現れる理由はいくつかあります。

交通事故やスポーツなどで、外部から急激な外力が加わったとき、スポーツで特有の反復動作の繰り返し、足を組んだり片方ばかりに負担がかかる生活の繰り返し、女性では妊娠から出産にかけてゆがみがでる可能性が高くなります。

また、姿勢の悪化を続けることで歪むこともあります。

 

ゆがむ要因はさまざまです。

骨盤の歪みがでるとすぐに痛みが出るわけではなく、

歪みがあったとしても、関節を安定する筋肉がしっかりしている場合や、柔軟性が保たれているときには痛みがないこともあります。

 

仙腸関節が硬くなると股関節の動きにも影響が出てきますので、特にスポーツ選手ではスポーツ障害に発展する可能性もありますので、コンディション調整をしておきたい部分の一つです。

 

動きやすさの感覚が一段と上がりますよ。

 

 

今回はこのへんで。

 

長野市 腰痛、仙腸関節のお悩み、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」へお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.