長野市 頸椎ヘルニアの予防方法

2020年9月20日

【頸椎ヘルニアとは】

このような症状がある場合は、頸椎ヘルニアの可能性があります。

・首から肩にかけて常に重くてダルい感じがする

・長時間座って作業をしていると腕や指がしびれることがある

・上を向くと肩から腕にかけてピリピリと痛みを感じることがある

・強い痛みがあって眠れないことがある

・握力が以前と比べて弱くなっていきている

・頻尿など排尿に弊害がある

これらが1つでも当てはまる場合は、頸椎ヘルニアの可能性があります。

 

大抵の人は、明らかに頸椎ヘルニアの症状が出ているのに、忙しさを理由に放置してしまっている人が大半です。

体の変化なので、仕方のないことと思っている人もいるようです。

特に年齢を増した人は、老化と思って受け止めている人も少なくありません。

頸椎ヘルニアは、軽度な状態の場合は多少放置しておいても問題はないといえます。

 

しかし、しびれや痛みがひどい場合は、そのまま放置しておく事は大変危険です。

 

生活に支障をきたすこともあるので、そこまでになってしまうと改善が厳しくなってしまいます。

生活しにくいなと思ったら、専門医に診てもらい適切な治療を受けることをオススメします。

 

頸椎ヘルニアの診断は、神経的な所見を詳しく診て判断します。

レントゲンなどの画像を撮って検査もしますが、どんな状態で発症しているのか、きっかけはあったのかなどの所見を聞いて、判断をします。

また、症状によってはMRIの検査を行い、神経や筋肉などの柔らかい組織を鮮明に映し出し、どのような状態になっているのかを確認します。

痛い検査ではないので、怖がらず診察を受けるようにしましょう。

 

【頸椎ヘルニアの予防方法】

頸椎ヘルニアには、予防方法があります。

軽度な状態の場合は、予防方法で状態を緩和させることをオススメします。

どのような予防方法があるのか、ご紹介致します。

 

・姿勢の改善

1番の予防方法は、姿勢を良くすることです。

姿勢が良くないことで神経に圧迫するようになり、頸椎ヘルニアの様々な症状を引き出してしまいます。

座っている時も立っている時も、姿勢を正す努力をしましょう。

胸を張って過ごすようにし、アゴを下げないようにしましょう。

 

・重たいものを持たない

重たいものを持つと、神経に触れて症状が悪化してしまいます。

もし重い物を持つ時は、腰を下げて首に力を入れずに負担を掛けないようにしましょう。

 

・筋肉を鍛える

筋肉を鍛えることで、頸椎に余計な負荷を掛けずに済みます。

家庭でできる簡単なエクササイズでいいので、筋肉を鍛えてみましょう。

無理してエクササイズをしてしまうと、頸椎に負担をかけてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。

頸椎ヘルニアというのは、なっている人が非常に多い症状です。

しかし、治療を受けている人というのは少ない傾向があります。

緊急状態という意識が低くなってしまいがちな症状ですが、悪化してしまうと大変危険ということを覚えておきましょう。

動きにくく不便だなと思ったら、専門医に相談をしましょう。

 

今回はこのへんで。

 

長野市 肩、腰痛、スポーツ整体ならコンディショニングハウス「みずき整体院」にお任せください。

Copyright© 「みずき整体院」 , 2021 All Rights Reserved.